プラグイン

WordPress導入時からある「WP Multibyte Patch」は必要?

ヨシキリ
ヨシキリ
こんにちはヨシキリです。

ワードプレスに最初から入っているプラグイン、「WP Multibyte Patch」は一体どんなプラグインなのでしょうか。

そして必要なものなの?

ワードプレスを導入すると最初から入っているプラグイン「WP Multibyte Patch」。結論から言うと必要なプラグインです。

WP Multibyte Patchの役割は?

「WP Multibyte Patch」は、日本語などのマルチバイト文字を最適化してくれるプラグイン。

マルチバイト文字とは、1文字が2バイト以上のデータで表される文字のことです。

多バイト文字とも言います。

  • 1バイト文字:半角アルファベット、半角数字、半角カナなど
  • マルチバイト文字:日本語の漢字やひらがななど

ワードプレスはもともと英語圏の海外で始まったブログサービス。なので、他の言語がめちゃくちゃ得意!というわけでもありません。

そこで「WP Multibyte Patch」が、日本語版ワードプレス日本語を使ってブログ運営する時に起こる、様々な不具合を解消してくれるのです。

  • 文字数を正しくカウントする
  • 全角のスペースを認識する
  • 文字化けしないようにする
  • etc…

これらのことをやってくれると思っていれば大丈夫。詳しく知る必要はないと思います。

ヨシキリ
ヨシキリ
このプラグインを有効化したからといって、目に見えて何かが変化するわけではないです。

「縁の下の力持ち」がいる…ということをたまに思い出すだけでOK。あとは勝手に頑張ってくれます。

ただ有効化するだけで機能する

ワードプレス導入時から入っているプラグインなので、作業としてはただ有効化するだけ。これだけでOKです。

ヨシキリ
ヨシキリ
Hello Dolly」みたいに要らないプラグインではないですが、一度有効化すると存在を忘れそうな…。

でも更新がきたら忘れずにやってね。

あわせて読みたい
【httpsで安全に】ワードプレスのブログを自分で常時SSL化する方法 SSL化とは簡単に言うと、サイトやブログでの通信を暗号化して、サイトを利用しているユーザーの個人情報やログイン情報を保護すること...