フリーランス

退職後に税金はいくら支払うことになる?フリーになる前に確認!

ヨシキリ
ヨシキリ
こんにちは!ヨシキリです。

私は社会人を2年で辞め、現在は一応フリーという形で働いています。

今回は退職したあとに悩まされた税金事情をお伝えしたいと思います。

以下の内容は、私自身の経験に基づくだいたいの予想の金額です。税金などに関しては私自身も勉強中の身なので間違っていたらごめんなさい。

退職してもこのくらいの金額を支払うことになる、という目安にして頂けたら嬉しいです。

 

退職しても住民税や年金は払わなければいけない

では、フリーになるために思い切って退職したリンコさんを例に考えていきます。(リンコさんは架空の人物です)

【リンコさんデータ】

  • 25歳独身
  • 新卒で入社、約2年働いた会社を退職
  • 2018年の1月〜12月の給与収入は約200万程だった
  • 2019年2月退社
リンコ
リンコ
こんにちはリンコです。前職では事務をやってました。

とりあえずすぐに他の企業に就職はせず、フリーで頑張っていこうと思います。

 

結論から言ってしまうと、この先リンコさんには

  • 住民税
  • 国民年金保険料
  • 国民健康保険料

の支払いが待っています。では、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

思ったより高い?!住民税

住民税とは、市町村民税・道府県民税の総称で、前の年(1月から12月)の給与収入をもとに計算された額を、その年の1月1日に住んでいた市町村に納税します。市によってその金額は違います。

…よくわからないですね、リンコさんに当てはめてみます。

リンコさんは2019年の2月に退職。

2018年1月〜12月までの給与収入をもとに計算された住民税を、2019年1月1日に住んでいた市町村に支払います。

就職していれば、会社がその手続き(給料から天引き)を勝手にやってくれるのですが、退職したからには自分で納めなければいけません。

リンコさんの前職の給与収入は約200万。市町村や収入の内容によって異なりますが、リンコさんの支払う住民税は年間約10万円前後となります。

リンコ
リンコ
じゅ…じゅうまん…?

 

やばいですよね。辛いですよね。

一括払いもできますが、通常は6月、8月、10月、1月の4回払いとなります。リンコさんの場合でも一回の支払いは25000円前後。これ、きつい。

年収が200万くらいでもこんだけ吸い取られてしまうんです…。

では次行きます。

 

老後のために払うべき税金…国民年金保険料

ヨシキリ
ヨシキリ
超簡単に言えば、会社に就職している人が払うのが「厚生年金で、そうでない人が払うのが「国民年金です。

リンコさんは2月に退職したので、退職後からは「国民年金」を支払わなければなりません。

住民税と同じく、会社勤めをしている頃は会社が給料から天引きしていたので、自分自身では何もすることがなかったのが「厚生年金」。

リンコさんがこれから払うことになる国民年金保険料は、

平成30年度 16,340円(月額)
平成31年度 16,410円(月額)

となります。定額です。でも、毎月です…。一括納付にするとちょっとお得らしいのですが…。

リンコ
リンコ
一括納付って…そんなまとまったお金ありません…

というリンコさんは毎月納付ですね。

所得が少なく国民年金が納められない場合、手続きをすれば免除・減額できます。

では、最後に国民健康保険料、いってみよう。

 

ないと病院の料金がめちゃ高い!国民健康保険料

国民健康保険料。病院に行ったら「保険証見せてください」と言われる、アレです。

ヨシキリ
ヨシキリ
しつこいかもしれませんが、住民税・厚生年金と同じく、会社勤めをしている時は給料から天引きされていたものです。

実は国民健康保険料、市町村によって結構違ってくるので、このぐらい!と一概には言えないのです。

例えば、給与収入200万、25歳のリンコさんが、

札幌市民の場合→171,890円

金沢市民の場合→160,099円

松戸市民の場合→130,350円

となります。上記の額は年額です。

参考:札幌市、金沢市、松戸市の平成30年度国保早見表

市によって支払い額が変わると思いますが、単純に月額にしてみると、10,000〜15,000円ほど。

リンコ
リンコ
つらい…生きているだけでお金が吸い取られていく…

 

気になる税金の合計金額はいくら?!

さて、今回のお話は、「退職しても払わなければいけないお金(税金)がある」ということです。

今回のモデルになってくれたリンコさん。

2019年2月に退職したあとに支払わなければいけない住民税+国民年金保険料+国民健康保険料は、総額で年間約420,000円です。(あくまでも目安です)

リンコ
リンコ
よよよよよ よんじゅうにまん…

減額や免除、控除は考えていない金額なので、いろいろと手続きをすればもう少し安くなるのかな?ここは正直わからないです。色々調べてみてください。

ヨシキリ
ヨシキリ
私は退職した年のこれらはそのまま支払いました…。

 

最後に

今回は、退職後のすぐの年に支払う住民税、国民年金保険料、国民健康保険料のお話でした。会社勤めをしているとやはり安定した収入は入ってくるので、これらのお金が高くなるんです。

確定申告では年金と国保の金額をまるっと控除できるのですが、それがあったとしても退職した後にこれを払うのはきつかった。

ヨシキリ
ヨシキリ
前の年の給与収入(もしくは所得)で計算して金額が決まるってのが痛いところ。

おそらくフリーになりたては所得がガクンと落ちるので(おい)、次の年からのこれらの金額はもっと低くなると思います。

 

フリーになると、今度は所得税のお話がきつくなるんだけどね…

知っているといないとでは本当にショックが違うと思うので、フリーになる前に知っておくべきお金のお話でした。

 

ABOUT ME
ヨシキリ
ヨシキリ
こんにちはヨシキリです。 旦那さんと愛犬と暮らしているアラサー。自宅でも会社員時代くらいにしっかり稼ぐ!を目標に在宅ワーク中。 めちゃくちゃ気を使ってしまう性格により、人間関係でのストレスが半端ない。よく喋るタイプの人見知りです。