デザイン雑貨・文具

【晃祐堂】IRODORI-いろどり-日本の筆でやわらかな色彩を楽しもう!

ヨシキリ
ヨシキリ
こんにちはヨシキリです。

先日広島へ行ったのですが、多山文具でこのIRODORI いろどりを発見

ワクワクする色のラインナップ。シンプルでおしゃれな外箱。こりゃあ買うしかない!!ってことですぐ購入しました。

 

IRODORI いろどりってなんぞや

IRODORIは、広島にある株式会社晃祐堂の商品。

筆記用の筆はもちろんのこと、化粧筆を作っている会社でもあります。会社の所在地も筆で有名な、あの熊野町です。

ホームページを見てみると化粧筆の情報が多いので、今は化粧筆にも力を入れているみたいです。

そして、今回ご紹介するIRODORIはこちら。じゃん。


外箱がウルトラかわいい。

  • 紅鶴 フラミンゴ Flamingo
  • 金糸雀 カナリア Canary
  • 瑠璃鶖 ルリカケス Lidth’s jay
  • 烏 カラス Crow

色はこの4種類。ルリカケスってなんだ?と思ったので調べてみました。

こちらがルリカケス。奄美諸島にしかいない鳥で、カラスの仲間です。なるほどカラスに似ている。

 

IRODORIのこだわり

IRODORIは熟練の職人さんが一本一本手作りしています

軸は天然の無垢の木で、持ち運びやすいように短めになっています。

筆先(穂と言います)も含め長さは約13cmほど。軸だけでみれば約10cmです。

それぞれのカラーに合わせて軸の色もパステルカラー調に染められています。

また、穂は山羊毛100%でとてもやわらかくしなやか。触ってみるとそのやわらかさを実感。ふわふわ。

セットされている顔料は顔彩といって日本画にも使われるものです。鮮やかな色彩と、耐光性(変色や劣化が起こりにくい性質)が特徴。

 

IRODORIを使ってみよう

それではIRODORIを使って文字や絵を描いてみます。まずは箱を開けるところから。

ぱかっ


画像ではフタが縦に移動していますが横へのスライド式です。顔料と筆のセットなので、用意するのは水と紙だけ


用意ができました。それでは書いてみましょう。


まず筆を水で濡らします。使い始めは穂が硬いので優しくほぐします。ごしごし。


水分を調節してから顔料を取ります。水分量で濃淡が変わるのでお好みで


さあ、いよいよ書きます。どきどき。


スー。とりあえず線を引いてみました。水分が多めだったのでちょっと薄い。

うーん、筆って難しいね!でも楽しい!


習字のように文字を書いてみました。習字となるとお正月をイメージしてしまいこの言葉!

こまめに顔料を取らないとだんだん薄くなっていきますね

 

太さや濃淡の比較

IRODORIの線の太さや濃淡の違いを比較してみました。


上は力の入れ具合、下は水分量の比較です。

細く書こうと思えば結構細かい字も書ける。水分量が多いと当然水っぽくなります。でも少なすぎてもかすれてしまいます。

楽しいなあIRODORI。他の色も集めたいなあ。

 

最後に

このIRODORIのロゴマーク、すごくかわいい。


鳥さんのお腹にひらがなで「いろどり」と書かれているのがわかりますか?

しかも下のIRODORIというローマ字、前から読んでも後ろから読んでもいろどりと読めるんです。

すごい工夫されている。だから文字がバランス良く見えるんですね。

ヨシキリ
ヨシキリ
すごい。洗練されたデザインとそれに負けないこだわり。伝統と進化が混ざってすんごいものができたなあ。
created by Rinker
ゼニス
¥5,796
(2019/08/26 09:32:43時点 Amazon調べ-詳細)