ワードプレス

アナリティクスのフィルタで自分を除外できない!IPv4とIPv6が原因だった?

ヨシキリ
ヨシキリ
こんにちは、アクセスが増えたと勘違いしたヨシキリです。

ルーターとネットの契約内容を変更したのですが、それからなんだかブログのアクセス数が増える増える。

そこでアナリティクスでフィルタをかけて、自分のアクセスを除外しようとしたのですがなぜかできない

解決した方法を共有したいと思います。

 

IPアドレスにはIPv4とIPv6がある?!どちらもフィルタで除外するには

今までアナリティクスで自分のアクセスを除外するには、

192.168.100.100」というIPアドレスを入力して除外していました(数字は例です)。

このIPアドレスは「IPv4」という形式らしく、何と現在では「IPv6」なるものが登場しているみたいです。

IPアドレスの種類(いずれも数字は例)

IPv4→「192.168.100.100」

IPv6→「2395:3349:2e21:ea56:a44:aac:4435:879c」

IPv4とIPv6は、「あなたのIPv6をテストしましょう」というサイトで簡単に確認できるのでチェックしてみてください。

「IPアドレスでフィルタをかけているのに、自分のアクセスを除外できない!」という方はIPv6の方もフィルタで除外すると解決すると思います。

IPv4とIPv6どちらともフィルタで除外しておくと取りこぼし?がなく安心なので、両方設定しましょう。

 

アナリティクスで自分のアクセス除外をフィルタで設定する

ヨシキリ
ヨシキリ
まず、自分の使っているネットワークのIPアドレスを調べます。

先ほどの「あなたのIPv6をテストしましょう」というサイトにアクセスすると、こんな画面になります。

必要なのは1行目のIPv4アドレスと、2行目のIPv6アドレスです。

コピペしてどこかにメモしておきましょう。

 

IPv4アドレスをフィルタで除外する

ヨシキリ
ヨシキリ
最初にIPv4アドレスからのアクセスを除外していきましょう。

アナリティクスにアクセスし、左側のサイドバーの下にある「管理」をクリック。

 

ビューの項目にある「フィルタ」をクリック。

 

その後、「フィルタを追加」をクリック。

 

その後、以下の通り入力してください。

これでIPv4アドレスでのアクセスの除外設定が完了しました。

 

IPv6アドレスをフィルタで除外する

ヨシキリ
ヨシキリ
次にIPv6アドレスからのアクセスを除外します。

IPv6アドレスは「2395:3349:2e21:ea56:a44:aac:4435:879c」とやたら長いのですが、最初の4ブロックのみ入力し、「前方が一致」でOKです。

この数字だと「2395:3349:2e21:ea56」のみ入力すればOK。

なぜ前方一致にするかというと、同じネットワークでも使用する端末によって後ろの数字が変化するからです。

 

ではまた「フィルタを追加」をクリック。

 

その後、以下の通り入力してください。

これでIPv6アドレスでのアクセスの除外設定が完了しました。

 

少し経ってからアナリティクスで除外できているか確認する

私は設定したあと、すぐにアナリティクスを確認したのですが、アクセス除外ができてなく焦りました。

しかし、しばらくしてからまた確認するときちんと除外できてました!!

ヨシキリ
ヨシキリ
おそらくこの方法で自分のアクセスを除外できると思います!

お疲れ様でした。